スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【謎】 四国も計画停電??

東日本大震災の影響による福島原発の放射能漏れで
世界の原子量発電所が見直されています。

先日、九州電力管内の玄海原子力発電所2,3号機の定期点検が終わり、
運転を再開しようとしたところ、住民の反対にあい、
運転出来ないとのニュースが流れました。
更に、九州電力では、川内原子力発電所の定期点検が間近で、
九州電力の全供給量の40%を原子力(6機)でまかなっている為、3機の停止状態が続くと、
今夏の需要期には九州でも計画停電を実施しなければならないそうです。

さて、四国では大丈夫なのでしょうか?
四国管内の電力は余っていると聞いた事があります。

四国電力の資料によると、
 21年度供給実績が、342.24億kw/年
 21年度需要実績が、274.96億kw/年
                67.28億kw/年 ← あまってる????

送電ロスや瞬間最大使用量などがあるため、あまっているという表現があっているかどうか解りません。

四国の電力供給源は、
 原子力発電  141.02億kw/年
 火力発電    173.04億kw/年
 水力発電     26.61億kw/年
 その他        1.57億kw/年
 
供給実績の342.24億kw/年のうち、141.02億kw/年(41.2%)は、
伊方原子力発電所の1,2,3号機の発電による電力です。

1号機~3号機の内容は、

 1号機 約40億kw/年 運転開始 1977.09.30 34年経過 最終点検完了日 2010.07.12  
 2号機 約40億kw/年 運転開始 1982.03.19 29年経過 最終点検完了日 2010.11.14  
 3号機 約60億kw/年 運転開始 1994.12.15 17年経過 最終点検完了日 2010.03.04
 
九州電力に例えると・・・

 3号機は、もうそろそろ定期点検? 前回は前々回の定期点検から14ヶ月目に点検していると
 いう事は、まさしく、5月頃に点検の為、休止してしまう。1機だけが休止状態であれば、
 電力供給には問題ないかもしれないけど、九州電力に続き、住民の反対などがあった場合、
 3号機が休止、続いて、1号機が休止・・・再開のめど立たず! なんて事になったら、
 四国も計画停電になりかねないかもしれない。


※これはあくまでも個人的(素人)な見解です。

 しかし、計画停電になった場合、オール電化住宅に住んでいる人って、何も出来ない?? 
 

時間があったら考えてみて下さい。

長期に渡り、

 ● 電気が止まったら?
 ● ガスが止まったら?
 ● 水道が止まったら?

   あなたはどうしますか?   


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エナジー・ワン株式会社

Author:エナジー・ワン株式会社
エナジー・ワン”スタッフブログ”にようこそ!
私たちは、愛媛県松山市を中心に東温市・伊予市・砥部町・松前町エリアにて
LPガスの卸・直販を主に、
各種高圧ガスの販売、リフォーム事業、太陽光発電システムの
販売、天然水、食品宅配サービス、
オール電化製品の販売等を行っております。
商売っけ無しのブログですが、
ぜひ、
エナジー・ワンホームページ
(http://www.energy-one.co.jp)にも
遊びにいらして下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。